低金利のキャッシング、どんなメリットがあるの

低金利のキャッシング、どんなメリットがあるの

キャッシングって、お金に困っている時に利用するものですよね。すごく困っていて焦っているから、お金さえ借りられるならどこでも良いと思うんですけど、金利によってなにか違いってあるんですか?

その辺りのことが良くわからなくて、最近悩んでいます。低金利のキャッシング、どんなメリットがあるのか教えてください。

なんと言っても返済額が少なくなります

誰もが理解しているようでいて、意外と理解できていないことってありますよね。どうして1+1が2になるのか、という理論について説明できる方はいないでしょう。

ある意味で、知らないことがたくさんあっても、なんとなく知っているように生活できるようになるのが、大人になるということなのかもしれません。

さて、いきなり話がそれてしまいましたので、早速本題に戻りましょう。質問の内容としては、低金利のキャッシングにはどんなメリットがあるのか、ということです。

そもそもの話、「金利」ってなんだかご存知ですか?

お金を貸してくれるところはそこかしこにありますよね。消費者金融だったり、街金だったり、銀行だったり、本当にいろいろです。ですが、どうしてお金を貸すことが商売になるんだろう、なんて疑問に思ったことはないでしょうか。

銀行も会社も、お金に困っている人に対して慈善事業を行っている訳ではありません。ビジネスである以上、儲けを出さないと社員の給料も払えませんからね。

金貸し、金融業における儲け、それが利子なのです。わかりやすいように、数字を使って説明しましょう。Aさんは、銀行から100万円をキャッシングで借り受けます。この100万円をどういうふうに使うかは、Aさんの自由です。

この時点では、Aさんだけが得をして、お金を貸した銀行は100万円失っているわけですから損ですよね。利子が絡むのは、この後です。

Aさんはお金を借りたので、返さなくてはいけません。毎月10万円返すとして、銀行としては貸した100万円が戻ってきただけでは、なんのメリットもありません。もしかしたら、Aさんが100万円を返済できなくなってしまう可能性もあります。

そこで、利子というものをつけてお金を貸します。利子は5%だったとしましょう。すると、Aさんは100万円を借りたので、一ヶ月たつと100万円に5%の利子がつき、105万円返さなくてはならなくなります。

利子がついたぶんだけたくさん返すということです。返済が終わるまで利子はつきますので、銀行は、利子のお金を利益として受け取ることができます。

重要なのはここからです。利子をどれくらいつけるか、というのは法律で決められていますが、ある程度の幅があるため、金融機関によって利子はけっこう違います。一般に、銀行は低金利で、消費者金融などは高金利です。低金利だとなにが良いのでしょう。

先ほどの例え話では、利子、金利は5%でしたよね。この利子がもっと低金利に、1%くらいになったらどうでしょう。

Aさんが100万円を借りてから一ヶ月後、返済すべき総額は1%がのった101万円。この時点で、返さないといけないお金に4万円もの差があることがわかります。

長い目で見れば、低金利であればあるだけ、借りたお金が大金であればあるだけ、借りる側としてはお得になります。

高金利でたくさん返すよりも、低金利でほんのすこし多めに返す方が、返済は楽。これが、低金利のメリットです。

低金利のキャッシングのメリットとデメリット

低金利のキャッシングのメリットとデメリットについて案内しています。低金利のキャッシングのメリットからとなりますが、何よりも金利が低いのがメリットとなります。多くの人は、どこの金利であっても大差無いように言われていますが、実はそうでもありません。低金利のキャッシングは、現代ではサービスについても多くなってきておりますので、随分と使いようによっては借金の総額が変わってくるのです。

例えば、低金利のキャッシングの場合には、15%前後で借りられるものが多かったりします。一般的なサラリーマン金融がこちらに該当するのですが、同じサラリーマン金融であってもサービスをさらに利用すると、低金利のキャッシングが益々低金利になるのです。例えば、無利息キャッシングがそうです。低金利のキャッシングの上位のサービスには、限定的に無利息キャッシングがあります。

こちらを利用すると、1ヶ月間であれば利息が発生しません。つまり、実質0%金利で借りられるのです。また、一度だけではありませんので、こちらを利用しない手はないでしょう。何も、低金利のキャッシングのみが金利ではもっとも低いというわけではないのです。

そして、こんな便利な低金利のキャッシングにもデメリットはあるという話に移行しますが、そもそも低金利のキャッシングのデメリットで目立つものは1つしかありません。それは、定収入がない場合には借りられないという点だけです。一般的なキャッシングローンであれば、ある程度の収入(パートほどの収入)でも借入可能なのですが、低金利のキャッシングの場合には、金融業者によっては年収300万円以上からという厳しい条件が付与されているケースもあります。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2014 働いていなくても消費者金融から借りられる?まず口コミチェック All Rights Reserved.